受給事例

脳性麻痺・てんかんで障害基礎年金2級を受給したケース

金額:年額 1,227,900円 
年齢:40代 男性  (Sさん)
仕事:事務
制度:国民年金

状況:

Sさんは幼少期から脳性麻痺があり、右半身の動きが非常に悪く、安定した歩行ができず日常生活にも支障が出ていました。20歳になった時、障害年金の申請を行いましたが、不支給になり障害年金の受給を諦めていました。40歳を過ぎたころ、諦めていた障害年金をもう一度申請をしたいと思い相談にみえました。

プロの目線からチェック!:

Sさんの症状を聞き取りましたが、①右手に麻痺があり、肘、手首の動きが非常に悪い②右足にも強い麻痺があり、安定した歩行できないことから、障害年金の受給の可能性があると判断しました。過去の病院のデータはありませんでしたが、児童施設にあった記録を元に初診を証明し、申請しました。