受給事例

聴覚障害で障害手当金を受給したケース

金額:一時金 117万円 
年齢:40代 女性 
仕事:事務職  
制度:厚生年金

状況:

相談時の状況(40代・女性)

Tさんは、仕事中突然左耳が聞こえなくなり、検査を受けると脳腫瘍が見つかりました。
手術の後は左耳が全く聞こえなくなり、回復の見込みもない状況だったため、耳を使う仕事ができなくなりました。接客や電話応対の多い業種の経験が長かったため、今後他業種で働くうえでの収入面での不安を感じ、今後障害年金の受給をしたいとご相談に見えました。

社労士による見解

ご本人からの聞き取りから、左耳の聴力がほぼなくなっていること、聴力障害の影響で仕事に大きな支障が出ていること等がわかりました。障害手当金を受給できる可能性があると判断し、申請を行いました。

結果

障害手当金に認められ年間117万円受給することができました。